海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

T1D患者の腎機能低下リスクは減ってきているが
Predicting renal disease progression in a large contemporary cohort with type 1 diabetes mellitus [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:Diabetologia
年月:December 2019
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
近年1型糖尿病(T1D)患者の腎予後が改善している、という示唆がある。イギリスThe University of EdinburghのColhounらは、SDRNT1BIO登録T1D患者においてこの仮説を検証した。50歳以下でT1Dと診断された16歳以上の患者5,777名とスコットランド SDRNT1BIOデータに基づき、血清クレアチニンと尿中ACRをNHS電子カルテデータとリンクさせた。
【結論】
11.6年以上の追跡で、年間eGFR低下の中央値は−1.3 ml min^-1 [1.73 m]^-2 year^-1 であった。14%で3 ml min^-1 [1.73 m]^-2以上の低下を認め、このレベルでの低下は心血管疾患(OR:1.9)・網膜症(OR:1.3)オッズ増と関連した。年齢・性別・罹病期間・eGFR・ACRのモデルに、HbA1c・心血管疾患既往・直近平均eGFR・eGFR推移を加えることで、最終eGFRを予測し得た。
【評価】
著者らの結論は、「T1D患者の腎予後は確かに改善している。しかし個人差は大きく、単純にCKDリスクを予測するモデルは今のところ存在しない」ということである。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site