海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

TEDDYコホートでT1Dのウイロームを解析
Prospective virome analyses in young children at increased genetic risk for type 1 diabetes [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:Nature Medicine
年月:December 2019
巻:25
開始ページ:1865
【背景】
TEDDYは、1型糖尿病(T1D)ハイリスク児を対象とする大規模・長期前向研究で、様々なデータを提出している。同研究のVehikら(University of South Florida)は、研究の一環として行われている対象児便中viromeの前向解析の結果を報告している。
【結論】
便中ウイルスがランゲルハンス島への自己免疫およびT1D発症に関わっていることを確認した。エンテロウイルスBは短期感染では無帰結だが、遷延するとランゲルハンス島自己免疫が惹起される。他方、早期のマストアデノウイルスC感染およびCXADR rs6517774はランゲルハンス島への自己免疫発生に対し防護的であった。
【評価】
ウイルス感染とT1D発症の関連に関する既存の研究を、大規模コホートでさらに展開した。CXADR遺伝子はβ細胞上のコクサッキー・アデノウイルス受容体であり、その防護性バリアントを同定したことは注目される。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site