海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

小児のT1D発症リスクは自己抗体が多種であるほど高まるのか
The risk of progression to type 1 diabetes is highly variable in individuals with multiple autoantibodies following screening [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:Diabetologia
年月:November 2019
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
小児における1型糖尿病(T1D)発症リスクは、発現自己抗体の多様性(mAbs)と関連しているとみられている。University of FloridaのJacobsenらは、この関連を詳細検討するType 1 Diabetes TrialNet Pathway to Preventionスクリーニング研究を行い、参加者中1,815名のmAbs陽性小児のデータの解析結果を発表している。
【結論】
mAbs陽性者において、年齢とT1D発症リスクは逆相関していた(HR:0.97)。自己抗体の2種陽性者では、GADAが低リスク(HR:0.35)、 IA-2A(HR:2.82)は高リスクであった。IAA・GADA両陽性者の5年T1D発症リスクは17%に過ぎなかった。Index60値≧1.0と比較して、<1.0ではリスクが低かった(HR:0.23)。GADA陽性の12歳以上の参加者の12%では、IA-2A陰性、Index60 <1.0の場合、5年T1D発症率は8%であった。
【評価】
IA-2AとGADAのリスク意義に関しは 国際TEDDY研究の結果と一致するが(https://link.springer.com/article/10.1007/s00125-019-05047-w)、このPathway to Preventionは、「mAbsは必ずしも高リスクとも言えない」というニュアンスを示しているようである。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site