海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

米国未成年の電子タバコ使用が増え続けている
e-Cigarette Use Among Youth in the United States, 2019 [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:The Journal of the American Medical Association
年月:November 2019
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
米国で2019年の中高生の電子タバコ使用データが公開された。US Food and Drug AdministrationのCullenらは、2019年全国青少年たばこ調査(National Youth Tobacco Survey)の中高生19,018名の代表サンプルを横断分析し、電子タバコおよびベイピング製品使用の頻度・ブランド・フレーバーなどを推定した。
【結論】
高校生で27.5%、中学生で10.5%が過去1か月以内に電子タバコを使用したと回答した。使用ブランドは60%がJuulで、フレーバーが好まれており、ミント/メントールが人気であった。
【評価】
18歳未満のユーザーへの販売を禁止する連邦法にもかかわらず、昨年の約360万人と比較して使用者は530万人と激増している。大問題になっている
「vaping e-cig」による肺損傷だが、その同義語として「Juuling」という用語があるほどJuulに人気がある。Juulは批判を受けて、一部フレーバーの販売を一時停止している。ヴェイピングe-cigは連邦レベルで完全禁止される、という報道もある(https://pressfrom.info/us/lifestyle/health-fitness/-348844-federal-ban-on-flavored-vape-products-expected-soon.html)。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site