海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

アメリカ人のダイエットは未だ不健康
Trends in Dietary Carbohydrate, Protein, and Fat Intake and Diet Quality Among US Adults, 1999-2016 [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:The Journal of the American Medical Association
年月:September 2019
巻:322
開始ページ:1178
【背景】
アメリカでは健康ダイエットへの呼びかけが大きいが、実態は。中国Huazhong University of Science and TechnologyのShanら(Tufts University、Harvard T.H. Chan School of Public Healthとの共同研究)は、National Health and Nutrition Examination Survey cycles (1999-2016) のUS nationally representative 24-hour dietary recall dataに基づく経時横断分析を行った(n=43,996)。一次アウトカムは、食事から摂取する栄養素とそのサブタイプ、原材料、Healthy Eating Index 2015である。
【結論】
1999〜2016年で、全カロリー中炭水化物比率は52.5%から50.5% に減り、タンパク質・脂質は各15.5%から16.4%、32.0%から33.2% へと増えた。低質炭水化物比率は45.1%から41.8%に減り、上質炭水化物 比率は7.42% から 8.65%に増えた。植物由来タンパク質・飽和脂肪酸・不飽和脂肪酸比率は増加した。炭水化物では全粒穀物比率が増えて砂糖比率が減り、植物由来タンパク質摂取の変化は全粒穀物・ナッツの摂取増加によるものであった。
【評価】
良い方向に変化してきているが、量的には問題にならない状態のようである。著者らは、特に老人や低所得層で変化がない、としている。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site