海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

10代の睡眠障害には光セラピー+CBT?
Effect of Light Flashes vs Sham Therapy During Sleep With Adjunct Cognitive Behavioral Therapy on Sleep Quality Among Adolescents: A Randomized Clinical Trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:JAMA Network Open
年月:September 2019
巻:2
開始ページ:e1911944
【背景】
睡眠障害の10代青少年に、概日リズム回復のための光照射療法は有効か。Stanford UniversityのZeitzerらは、9〜12年生の睡眠障害男女102名を対象としてこれを検証するDBRCTを行なった。介入は2期に渡って行い、患者を起床3時間前(第一期)・2時間前(第二期)に20秒毎3ミリ秒の光照射を受ける光セラピー(介入)群と、介入群と同様の時間に1分の光パルスを1時間受けるシャムセラピー(コントロール)群に割付けた。両群とも第二期には50分の認知行動療法(CBT)セッションを週1度受けた。一次アウトカムは、睡眠時間・眠気・睡眠の質である。
【結論】
第一期光セラピー介入のみの一次アウトカム効果はみられなかった。しかし、光セラピーはCBT追加群では有効であった。睡眠開始時は平均50.1分早くなり、睡眠時間は平均43.3分増加した。就寝時間遵守率は介入群が7倍にも達し、主観的眠気も介入群で平均0.55点増加した(対照群は0.48点低下)。
【評価】
Stanford発の注目の新手法である(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26854928)。他方、CBTは一応定番となっている不眠治療法である。10代男女の睡眠障害には併用でなければ効果がない、というここでの結果は興味深いが追試が必要であろう。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site