海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

加工肉のCOPDリスクを確認
Processed Meat Intake and Risk of Chronic Obstructive Pulmonary Disease among Middle-aged Women [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:EClinicalMedicine
年月:August 2019
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
加工肉摂取がCOPDリスクを高めるという複数の報告がある。フランスVIMAのVarrasoらは、Nurses' Health Study IIの2,296,894人年(1991〜2017年、n=87,032)のデータを詳細解析した。
【結論】
喫煙・生活習慣の調整後に加工肉摂取とCOPDに中等度の関連がみられた(≧1 servings/weekとnever/almost neverのHR:1.29)。喫煙・不健康生活習慣によりこのリスクは上がり、3リスクファクター全てを持つ人の持たない人に対するHRは6.32であった。
【評価】
著者らのグループが長く提唱してきた仮説で、大規模データで喫煙・生活習慣を調整しても関連がある、と確認したものである。ナッツやω3脂肪酸でCOPDリスクが低下する、という報告もあり(https://www.bmj.com/content/350/bmj.h286)、患者へのアドバイスは定まったといえる。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site