海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

飲酒の2次危害(AHTO)を大規模調査
Alcohol’s Secondhand Harms in the United States: New Data on Prevalence and Risk Factors [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:Journal of Studies on Alcohol and Drugs
年月:May 2019
巻:80
開始ページ:273
【背景】
喫煙と同様に、飲酒にも他人への二次危害(AHTO)がある。カリフォルニアPublic Health InstituteのNayakらは、英・スペインの国家的電話サーベイ(n=8,750)のデータを解析した。
【結論】
一年に5人に1人がAHTOに遭遇していた。危害タイプには性差があり、女性はパートナー・家族からのものが多く、男性は他人からのものが多かった。また女性はより金銭的被害が多かった。若年者は暴力以外の全AHTOリスクが高かった。黒人・外国人・離別者・大学中退者の被害が多かった。自己の飲酒癖は全AHTOリスクを高め、女性のヘビードリンカーのAHTOリスクは特に高かった。
【評価】
散発的に増えてきているAHTO研究をさらに大規模化してファクトベースを形成した重要な調査である。最近のアメリカの大規模データでも性差の重要性が浮上している(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28757806)。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site