海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

抗CD3抗体薬teplizumabによるT1D発症遅延戦略は有望
An Anti-CD3 Antibody, Teplizumab, in Relatives at Risk for Type 1 Diabetes [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:The New England Journal of Medicine
年月:June 2019
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
1型糖尿病(T1D)に対する抗CD3モノクローナル抗体薬の効果が示唆されてきた。Yale UniversityのHeroldら(Type 1 Diabetes TrialNet Study)は、T1D高リスク参加者76名を対象として、teplizumab14日間静脈内投与のT1D発症予防効果を検証する第II相RCTをおこなった(対照:プラセボ)。T1D発生・進行の追跡調査を、6ヶ月間隔でOGTTにより行った。
【結論】
T1Dと診断されるまでの期間の中央値は、teplizumab群48.4ヶ月、プラセボ群で24.4ヶ月であった。Teplizumab群の43%、プラセボ群の72%が期間中にT1Dを発症した。TIGIT+KLRG1+CD8+ T細胞は、プラセボ群よりteplizumab群で多かった。HLA-DR3陰性・HLA-DR4陽性・抗亜鉛トランスポーター8抗体陰性の参加者では、teplizumab群の方がDM診断が少なかった。有害事象は皮疹と一過性リンパ球減少だった。
【評価】
長く追求されてきたアプローチで、2011年には一旦「撤退」となっていた(https://science.sciencemag.org/content/333/6044/819)。「高リスク者のT1D発生を予防する」という難しい戦略であり、画期的な結果であるものの、以降の検証・承認・臨床実装には困難も予想される。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site