海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

アメリカの若年者は肥満が増えているのに脂質プロファイルは改善している
Trends in Levels of Lipids and Apolipoprotein B in US Youths Aged 6 to 19 Years, 1999-2016 [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:Journal of the American Medical Association
年月:May 2019
巻:321
開始ページ:1895
【背景】
アメリカで若年者の肥満が社会問題になっているが、血中脂質レベルとの関連は。Northwestern UniversityのPerakらは、1999〜2016年のNational Health and Nutrition Examination Surveysデータに基づき、この問題を解析した(n=26,047[6〜19歳])。一次アウトカムは、年齢・人種調整後平均HDL-C・non-HDL-C・TC値であり、12〜19歳ではLDL-C・TG・ApoBも加えた。
【結論】
TCは1999-2000年には164 mg/dLだったが、2015-2016年には155 mg/dLに低下した。HDL‐C値は2007-2008年に52.5 mg/dLで、2015-2016年には55.0 mg/dLに上昇した。Non-HDL‐C・TG・LDL-C・ApoBはすべて低下した。研究終了時点で、全体の51.4%がHDL・non-HDL・TCが最適値であり、46.8%が全脂質、ApoBが最適値であった。ただし、6〜11歳の15.2%、12〜19歳の25.2% で1つ以上の異常値を認めた。
【評価】
著者らは、肥満が増えているのにこの結果はsurprisingだ、としている。摂取脂質の質が良くなっている等も考えられるが単純な解釈は困難で、メディアにも取り上げられている。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site