海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

フィラデルフィアでのソーダタックス導入の経験
Association of a Beverage Tax on Sugar-Sweetened and Artificially Sweetened Beverages With Changes in Beverage Prices and Sales at Chain Retailers in a Large Urban Setting [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:The Journal of the American Medical Association
年月:May 2019
巻:321
開始ページ:1799
【背景】
加糖飲料への課税(ソーダタックス)の導入が世界で進んいるが、フィラデルフィア市は2017年に導入した。University of PennsylvaniaのRobertoらは、同市での税導入後の飲料品価格と販売量を調査して近隣非課税市(メリーランド州ボルティモア市)と比較し、州境を越えた加糖飲料購入の可能性についても分析した(n=291店舗)。一次アウトカムは、課税飲料価格と販売数量の変化である。
【結論】
フィラデルフィア市では加糖飲料の価格が大幅に上昇した(1オンスあたりスーパーマーケットで0.65セント、量販店で0.87セント、ドラッグストアで1.56セント)。課税飲料の総売上げ量は13億オンス(51%)減少したが、他方、ボルチモア市の売上量は3億820万オンス増加し、フィラデルフィア市での減少を一部相殺した。
【評価】
アメリカで最初にソーダタックスを導入したのはバークレーだったが、フィラデルフィアでの半減は劇的で、10%という幅と住民の貧困度との関連が考えられる。ソーダタックスの効果は最終的には肥満者の減少で測られるべきで、世界のデータが待たれるが、2014年から全国導入したメキシコでは無効という話もある(https://velvetgloveironfist.blogspot.com/2018/09/mexicos-sugar-tax-flop.html)。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site