海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

ティーンへの肥満外科手術の有効性を示す
Five-Year Outcomes of Gastric Bypass in Adolescents as Compared with Adults [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:The New England Journal of Medicine
年月:May 2019
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
肥満ティーンに肥満外科手術を勧めるべきか。University of ColoradoのIngeら(Teen-LABS Consortium)は、Roux-en-Y胃バイパス術を行なった13〜19歳の青年期男女161名と25-50歳の成人男女396名のコホートを対象として、術後5年の体重変化と合併症発生、また死亡・追加手術等を比較する後向コホート研究を行なった。
【結論】
術後5年でティーンと成人間に体重変化の有意差はなかったが(-26% vs. -29%)、ティーンは成人よりT2D2・高血圧寛解率が高かった(RR:各1.27・1.51)。5年以内死亡率に差はなかったが(1.9% vs. 1.8%)、再手術率はティーンが有意に高かった(19 vs. 10再手術/500人年)。ティーンのほうが成人よりフェリチン低値者が多かった(48% vs. 29%)。
【評価】
アメリカの重症肥満のティーンにはすでに肥満手術が行なわれているが、その有効性を保証する結果となった。慎重論の主な根拠は、「一生ものの手術だから自己決定できるようになるまで待つほうがよい」というもので、これを覆すためにはさらに長期・多数のデータがいる。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site