海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

高信頼度大規模観察研究で、ストレス関連障害の心血管リスクを定説化
Stress related disorders and risk of cardiovascular disease: population based, sibling controlled cohort study [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:British Medical Journal
年月:April 2019
巻:365
開始ページ:l1255
【背景】
ストレスが心血管疾患リスクであることは通念化しているが、大規模精密なデータは少ない。アイスランドUniversity of IcelandのSongらは、1987〜2013年のSwedish National Patient Register登録者中の急性ストレス障害・PTSD・適応障害等ストレス関連障害患者136,637名とその同胞171,314名、また一般人口からマッチングを行なった無曝露者1,366,370名を対象として、ストレス関連障害と心血管疾患発生の関連を検討するケースコントロール研究を行なった。
【結論】
無障害同胞との比較において、全ストレス関連障害診断後1年以内の患者の全心血管疾患発生のハザード比(HR)は1.64であり、心不全リスクが最も高かった(HR:6.95)。診断後一年以降はハザード比は低下し、サブタイプ特定HRは不整脈(HR:1.12)から動脈血栓/塞栓症(HR:2.02)まで差が大きかった。さらに50歳以下の心血管疾患早期発生はストレス関連障害と強く関連した(HR:1.40)。致死的心血管疾患を除いては、これらの関連性は精神疾患の合併の有無により影響されなかった。これらの関連は、一般人口集団との比較においても類似した。
【評価】
高信頼度レジストリ最大規模のケースコントロール研究により、この関連を定説化した。同胞対照と一般人口対照との比較から遺伝・家族要因を除いたことも注目される。著者らは、性別バイアスのない研究であることも強調している。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site