海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

T1Dの「遺伝性」は未だ解明不足
Genetic Contribution to the Divergence in Type 1 Diabetes Risk Between Children From the General Population and Children From Affected Families [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:Diabetes
年月:April 2019
巻:68
開始ページ:847
【背景】
1型糖尿病(T1D)リスクの遺伝子的基礎に関する検討が進んでいる。ドイツGerman Research Center for Environmental HealthのHippichら(TEDDY研究)は、40万人の新生児の健診から同定した高リスクHLA保有児4,573名の解析結果を報告している。 
【結論】
一般集団(GP)児と比べ第一度近親者(FDR)病歴保有児では、既報T1D感受性遺伝子および新規リスク遺伝子BTNL2の濃縮が示された。遺伝子濃縮の補正後にはFDR児とGP児のリスクは収束したが、なお膵島自己抗体保有(HR:2.26)・DM(HR:2.92)のリスクは異なった。高遺伝的感受性群では膵島自己抗体・DMへのリスクは同等だったが、低遺伝的感受性群では、FDR児でのみリスクに5.8倍程度の大差があった。
【評価】
著者らの示唆は、遺伝的感受性の低い児では何か他の家系因子が自己抗体生成やT1D発症に寄与している、ということである。仮説生成的結果である。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site