海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

GDMへのインスリン治療の児への効果を実験検証
Insulin Therapy for Gestational Diabetes Mellitus Does Not Fully Protect Offspring From Diet-Induced Metabolic Disorders [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:Diabetes
年月:April 2019
巻:68
開始ページ:696
【背景】
妊娠糖尿病(GDM)女性へのインスリン治療は生児の代謝的健康性を帰結するか。中国Zhejiang UniversityのZhuらは、妊娠後期糖尿病モデルマウスでこの問題を検討した。
【結論】
母体GDMのインスリン治療は、通常固形飼料を与えられた仔を耐糖能異常および肥満から保護した。しかし、この治療は、高脂肪食を与えられた仔(特に雄)を保護することはできなかった。雄仔の膵島のゲノムワイドDNAメチル化プロファイリングにより、インスリン分泌を調整するAbcc8・Cav1.2・Cav2.3(KATP/Ca2+チャネルをエンコード)等遺伝子に高度メチル化領域を特定し、それらは遺伝子発現の低減およびインスリン分泌障害と関連していた。
【評価】
この問題に関する初めてのマウスモデル実験である。母体GDMの仔への悪影響は食餌内容に依存してインスリン治療で緩和できることを示しただけでなく、雄仔の高脂肪食非耐性とそのエピジェネティックな基盤を示唆した。重要な仮説生成的研究である。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site