海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

ノンシュガー甘味料摂取の健康アウトカムは未だ不詳:メタアナリシス
Association between intake of non-sugar sweeteners and health outcomes: systematic review and meta-analyses of randomised and non-randomised controlled trials and observational studies [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:British Medical Journal
年月:January 2019
巻:364
開始ページ:k4718
【背景】
ノンシュガー甘味料(NSS)の健康影響に関し多くの研究が発表されている。独University of FreiburgのToewsらは、35観察研究と21 RCTを対象とする系統レビュー・メタアナリシスを行った。主要アウトカム指標は、体重またはBMI、血糖コントロール、口腔健康、摂食行動、甘味の嗜好、がん、心血管疾患、腎疾患、気分、行動、神経認知、および有害効果である。
【結論】
成人では、BMI・FBSに対するNSSの多少の有益効果を示す研究もあったが、効果は低NSS用量でのみ見られた。他の全てのアウトカムでは、NSS使用と不使用との、またNSS異用量間での有意差はみられなかった。積極的に減量しようとしている過体重・肥満の成人・小児では、NSSの影響のエビデンスは見られなかった。小児では、糖摂取と比べNSS摂取でBMI増はより少なかったが、体重へのインパクトはなかった。
【評価】
結論は、「大きな影響はないようだが、研究レベルが低い」ということである。すでにレビューもかなりあるテーマだが、著者らは既存レビューの方法論的不備も指摘している。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site