海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

「カーボはカロリーでなく食物繊維含量が問題」を確認
Carbohydrate quality and human health: a series of systematic reviews and meta-analyses [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:The Lancet
年月:January 2019
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
摂取炭水化物に関しては量(カロリー)より「質」が重要であることが認知されつつある。ニュージーランドUniversity of OtagoのMannらは、この問題を扱った185の前向観察研究と58RCT(計約1.35億人-年)の系統レビュー・メタ解析を行った。
【結論】
食物繊維高摂取者と低摂取者の比較に関し、観察研究では、前者が後者より全死因死亡・心血管疾患因死亡・冠動脈疾患の発生率、脳卒中の発生率・死亡率、T2D・大腸癌の発生率が15〜30%低く、またRCTでは、体重・収縮期血圧・総コレステロール値が低かった。食物繊維の有益性閾値は25g〜29g/Dで、用量反応関係があった。全粒穀類摂取でも同様な結果だったが、グリセミック指数との関連は有意でなかった。
【評価】
主流化しつつある現代的見解を裏書きする結論的本格メタアナリシスであり、観察研究とRCTとが整合していることを示した点も有意義である。GIの指標としての低価値を示唆したこともインパクトが大きい。著者らは、この結論が一般人口集団に関するものであり、食物繊維の慢性疾患患者への効果を示したものでないことを強調している。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site