海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

減量介入の長期アウトカムの予測因子は血清アシルカルニチンレベル?
An Integrated Understanding of the Molecular Mechanisms of How Adipose Tissue Metabolism Affects Long-term Body Weight Maintenance [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:Diabetes
年月:January 2019
巻:68
開始ページ:57
【背景】
ライフスタイル介入による減量ではリバウンド現象が頻繁に起こり、その基礎メカニズムおよび予測因子の同定が重要となっている。ドイツCharite-Universitatsmedizin BerlinのMaiらは、意図的減量介入のRCTに参加した成人143名の代謝基盤を分析した。
【結論】
脂肪および骨格筋生検における無バイアスRNAシーケンシングにより、介入的減量に関わる中心経路が脂肪酸代謝系であることが示された。さらに、血清アシルカルニチン(AC)値が全身的基質フローのスナップショットを与え、意図的減量18ヶ月後での体重維持を予測することが明らかとなった。このような結果は、小児・青年でのRCTでも再現された。これらのデータは、負のエネルギーバランスへの反応としての脂質利用の適応的変化が、その後の体重維持に寄与することを示唆し、殊に、現在まで細胞内基質利用を反映するとされてきた血中ACが、末梢でのエネルギー貯蔵と長期的エネルギーホメオスタシスの機能的メディエーターであることを示す。
【評価】
この現象に関する研究は多く、神経-行動-内分泌的側面が重視されてきたが(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25896063)、脂肪酸代謝系の中心性を示して意外な血清予測因子まで特定した。重要な仮説生成的発端研究である。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site