海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

ダパグリフロジンはMACEリスクを下げないが心不全リスクを下げる
Dapagliflozin and Cardiovascular Outcomes in Type 2 Diabetes [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:The New England Journal of Medicine
年月:November 2018
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
SGLT2iは一般に心不全リスクが低いとされているが、ダパグリフロジンはどうか。Brigham and Women’s HospitalのWiviottら(DECLARE-TIMI 58)は、動脈硬化性心血管イベントリスクのあるT2D患者17,160名を対象としてこの問題を検証するRCTを行った(対照:placebo)。一次安全性アウトカムはMACE(心血管因死亡・心筋梗塞・虚血性脳卒中)、一次有効性アウトカムは、MACE・全心血管因死亡・心不全入院である。
【結論】
フォローアップ中央値4.2年で、ダパグリフロジンの一次安全性アウトカム非劣性が示された。一次有効性アウトカムではダパグリフロジンにMACE発症抑制効果はなかったが、心血管因死亡・心不全入院のリスクを下げた(HR:0.83)。糖尿病性ケトアシドーシスはダパグリフロジン群で多く、レジメン中断による性感染症も多く見られた。
【評価】
CVD-REALが、このような心不全抑制効果がクラス効果であることを示しており(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28522450)、それを裏書きした結果となった。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site