海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

妊娠糖尿病の母児への長期影響:HAPO大規模長期研究
Association of Gestational Diabetes With Maternal Disorders of Glucose Metabolism and Childhood Adiposity [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:The Journal of the American Medical Association
年月:September 2018
巻:320
開始ページ:1005
【背景】
診断基準の変更により妊娠糖尿病(GD)診断が増えており、母児への長期影響の新調査が必要となっている。Northwestern UniversityのLoweら(HAPO)は、4,697名の母と4,832名の児の中央値11.4年間の長期追跡結果を発表している。一次アウトカムは、母体の糖代謝障害、児の体重過多/肥満である。
【結論】
母体GDの母の一次アウトカムリスクが示された(OR:3.44)。母体GDの児の一次アウトカムリスクも示唆されたが、母体のBMI調整後にはリスク差は統計的に有意でなかった。
【評価】
多大な困難を伴うこの種の調査の中で、最大規模調査で一定の信頼度結果を出した。母体GDの児への悪影響を示した研究も多い中で、その関連には一定の留保をつけた。ただし、著者らは、児への影響は憂慮されるとしている。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site