海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

プロバイオティクス・プレバイオティクス・シンバイオティクスに関するRCTの質は
Harms Reporting in Randomized Controlled Trials of Interventions Aimed at Modifying Microbiota: A Systematic Review [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:Annals of Internal Medicine
年月:August 2018
巻:169
開始ページ:240
【背景】
プロバイオティクス・プレバイオティクス・シンバイオティクスブームの中で、それらに関するRCTも増えているが、データの質は。フランスCentre d'Epidemiologie CliniqueのBafetaらは、384 RCTの系統レビュー結果を報告している。
【結論】
RCTの88%が専門領域誌に発表されており、プロバイオティクスに関するものが69%だった。28%には有害事象関連データがなく、安全性評価のないRCTが37%あった。80%では有害事象発生例数が記載されていなかった。有害事象を記載した論文の37%は有害事象の表現に一般的記述のみを使用しており、16%は不適切なメトリックを使用していた。98%の試験で有害事象・重篤有害事象に関する定義がなかった。
【評価】
一部の製品には長い歴史があり、規制側にも「害はないだろう」という前提が強い。98%のRCTで安全性評価が不十分、というここでの問題提起を受けて、アメリカの業界委員会CRNは「安全性に関する報告は研究者にとってポジティブな寄与になる」という声明を発表している(https://www.crnusa.org/newsroom/new-review-challenges-inadequate-reporting-not-probiotic-prebiotic-and-synbiotic-safety)。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site