海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

癌になると糖尿病になりやすい:韓国ビッグデータが示す
Incidence of Diabetes After Cancer Development: A Korean National Cohort Study [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:JAMA Oncology
年月:August 2018
巻:4
開始ページ:1099
【背景】
糖尿病患者の発癌高リスクが確認されているが、逆は未だ明らかではない。韓国National Cancer CenterのHwangboらは、糖尿病・癌の既往歴のない参加者524,089名(20〜70歳)を対象とするコホート研究を行った。
【結論】
追跡期間中央値7年で、15,130名が癌に、26,610名が糖尿病に罹患した。多因子調整後、癌罹患者における新規糖尿病発症ハザード比(HR)は1.35であった。癌診断後2年までの発症リスクが高く(aHR:1.47)、その後も増加傾向が続く。糖尿病リスクは、膵癌(HR:5.15)・腎癌(HR:2.06)・肝癌(HR:1.95)で特に高かった。
【評価】
大方の印象をビッグデータで確認したもので、系統的に類似する日本人での定量的確認も望まれる。DM発症要因としてステロイドや抗腫瘍薬の副作用、「癌悪液質」によるインスリン抵抗性増等が示唆されてきたが、確定が必要である。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site