海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

DPP-4阻害薬の水疱性類天疱瘡リスクを確認
Association of Bullous Pemphigoid With Dipeptidyl-Peptidase 4 Inhibitors in Patients With Diabetes: Estimating the Risk of the New Agents and Characterizing the Patients [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:JAMA Dermatology
年月:August 2018
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
DPP-4阻害薬による水疱性類天疱瘡(BP)有害事象の報告が目立ってきている。イスラエルRambam Health Care CampusのKridinらは、BPを発症した糖尿病患者82名と同未発症患者328名を対象とする後向ケース・コントロール研究を行った。
【結論】
DPP-4阻害薬によるBP発症リスク増を認めたが(aOR:3.2)、vildagliptin・linagliptinのリスクが特に高く、調整ORsは各10.7・6.7であった。この関連はmetformin使用と関連せず、男性(OR:4.46)・70歳未満(OR:5.59)で強かった。さらに、DPP-4阻害薬服用患者のBPでは粘膜病変が有意に多く、末梢血好酸球数が少なかった。
【評価】
症例報告と有害事象統計とからの関連をケースコントロール研究で確認した。この問題に関する日本からの寄与は大きく、JADERデータは有用であり(http://care.diabetesjournals.org/content/early/2018/07/11/dc18-0210)、また絶対発生率は高いわけではない(0.0859%)とした報告もある(https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/jdi.12877)。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site