海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

ローティーンの耐糖能異常の軌跡
Trajectories of changes in glucose tolerance in a multiethnic cohort of obese youths: an observational prospective analysis [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:The Lancet Child & Adolescent Health
年月:August 2018
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
小児の耐糖能異常は、どのような軌跡をたどるのか。Yale University のCaprioらは、平均年齢12.7歳の526名を6年間無介入(食事指導のみ)で中央値2.9年間追跡する前向コホート研究を行った。すべての参加者は3時間OGTTを受け、2年後にoral disposition index(DI)を測定した。
【結論】
ベースラインで162名が耐糖能異常であった。耐糖能異常者の65%がフォロー中日本語正常化し、27%は異常を維持し、8%がT2Dに進行した。耐糖能が正常化した小児ではDIが期間中に4倍増していた。対照的に、耐糖能異常を維持した、またはT2Dに進行した小児ではDIが低下していた。非ヒスパニック系白人は非ヒスパニック系黒人の5倍耐糖能正常化しやすく、DIの年間増加率も2倍であった。
【評価】
この年齢層に的を絞った初めての追跡研究により、耐糖能異常小児の65%は食事指導だけでT2Dへの進行がくい止められることを示した。ここでも確認された耐糖能の人種差は、重要なテーマである(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23704681)。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site