海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

アメリカ貧困層児の肥満予防のための本格的行動介入試験が失敗
Effect of a Behavioral Intervention for Underserved Preschool-Age Children on Change in Body Mass Index: A Randomized Clinical Trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:The Journal of the American Medical Association
年月:August 2018
巻:320
開始ページ:450
【背景】
アメリカの肥満問題は格差問題と結びついており、低所得層の子供の肥満予防は大きな課題となっている。Vanderbilt UniversityのBarkinら(GROW)は、3〜5歳児への36ヶ月間のマルチコンポーネント行動介入の肥満予防効果を検証するRCTを行った(対照:就学訓練、n=606[親子ペア])。一次アウトカムは、36ヶ月間のBMIの変化である。
【結論】
行動介入に有意な一次アウトカム効果を認めなかった。他のアウトカムでも多少の差があったが、非有意であった。
【評価】
90%がラテン系である貧困層親子に対し、コミュニティベースで「母は乳幼児に余計なおやつを与えない」といった細かな行動介入を3年間継続する本格的な試みだったが、失敗した。食事にも不自由する層の児にしか効果はあるように見えなかった、という。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site