海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

禁煙で体重が増えるとT2Dリスクは増すがあまり心配はない
Smoking Cessation, Weight Change, Type 2 Diabetes, and Mortality [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:The New England Journal of Medicine
年月:August 2018
巻:379
開始ページ:623
【背景】
禁煙後は体重が増えることが多いが、それは健康リスクとなるか。Harvard T.H. Chan School of Public HealthのHuらは、NHS・HPFS参加者の19.6年追跡データを分析した。
【結論】
禁煙のT2Dリスクを認めたが(HR:1.22)、このリスク増は一過的なもので死亡リスク増を伴わなかった。現在喫煙者と比較して、体重増のない禁煙者の心血管疾患因死亡のHRは0.69、0.1〜5kg増の禁煙者では0.47、5.1〜10.0kg増で0.25、10kg以上増で0.33であり、このような傾向は全原因死亡でも同様であった。
【評価】
定評あるTHChanの疫学研究が、よく話題となる問題に現在まで最も信頼度の高い結論を出した。著者らは、太るのがよいわけではないともしている。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site