海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

UK Biobankが示すイギリス人のフレイルの実態
Frailty and pre-frailty in middle-aged and older adults and its association with multimorbidity and mortality: a prospective analysis of 493 737 UK Biobank participants [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:The Lancet Public Health
年月:July 2018
巻:3
開始ページ:e323
【背景】
UK Biobankは様々な疾患の疫学を詳細なビッグデータによって刷新しつつある。同国University of GlasgowのMairらは、493,737名の登録者(37〜73歳)データに基づき、フレイル・プレフレイルの関連要因と死亡リスクを検討した。
【結論】
登録者の3%がフレイル、38%がプレフレイルと判定された。フレイルは有意に多疾患併存と関連し、慢性疾患4種以上保有者のフレイルオッズは27.1であった。社会経済的劣位・喫煙・肥満・頻回飲酒とも関連した。フレイルの原因となる上位5疾患は、多発性硬化症・慢性疲労症候群・COPD・膠原病・糖尿病であった。プレフレイル・フレイルはともに性別・年齢に関わらず有意に死亡リスクを増した。
【評価】
Lancetは同国Whitehall II 研究も併載しているが、データ規模ではBiobank研究が圧倒している。しかし、イギリスの中高齢者の40%がプレフレイル以上であるという結論は、フレイルの定義自体の問題性も浮き彫りにした。フレイル概念は非特異的すぎ、歩行速度や握力といった定量指標に変えるべきという提唱もある。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site