海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

地域がはぐくむ糖尿病
Neighbourhood socioeconomic disadvantage, risk factors, and diabetes from childhood to middle age in the Young Finns Study: a cohort study [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:The Lancet Public Health
年月:July 2018
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
社会経済的劣位は糖尿病リスクを増すと言われている。フィンランドUniversity of HelsinkiのKivimakiらは、同国Young Finns Studyの参加者3,467名の30年以上の前向追跡データ(8回以上の診察・検査)を参加者居住域の社会経済環境データと関連させた。
【結論】
フォローアップ開始時(6-18歳)には居住域の社会経済環境によるリスクファクターの差は小さかったが、この差は経年的に拡大した。社会経済的劣環境に住む小児は6歳ごろから野菜・果実の摂取が減り、12歳ごろから身体活動量が減り、喫煙が増える。27歳ごろからインスリン感受性が低下し、空腹時血糖値・インスリン値が上昇する。また、恒常的な社会経済的劣位地域での居住は、肥満(OR 1.44)・高血圧(1.83)・脂肪肝(1.73)・糖尿病(3.71)と関連した。
【評価】
同研究は、世界で4つだけとみられる長期・大規模な若年者の心代謝疾患コホート研究である。長期の詳細調査が、半ば常識化している見方に具体的な地域的描像をもたらした。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site