海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

3000万人のビッグデータが確認する、アルコール障害は認知症の最大リスク因子
Contribution of alcohol use disorders to the burden of dementia in France 2008-13: a nationwide retrospective cohort study [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:The Lancet Public Health
年月:February 2018
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
アルコールと認知症の関連に関する最大の後向研究が発表された。フランスTranslational Health Economics NetworkのSchwarzingerらが行った、2008〜2013年にフランスの病院を退院した31,624,156名の成人患者を対象とする調査で、一次exposureはアルコール障害、一次アウトカムは認知症である。
【結論】
認知症診断は退院者の3.5%であり、早期(<65歳)発症認知症患者の5.2%はアルコール関連であった。アルコール障害は認知症に関連する最大の制御可能リスク因子で、そのハザード比は女性で3.34、男性で3.36であった。また、アルコール障害は認知症発症に関する他のリスク因子とも関連していた。
【評価】
すでに有力な系統レビューだけでも23ある関連だが、最大のビッグデータで疑問の余地なく確認した。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site