海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

超加工食品は(特に乳がんの)発がんリスク
Consumption of ultra-processed foods and cancer risk: results from NutriNet-Sante prospective cohort [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:British Medical Journal
年月:February 2018
巻:360
開始ページ:k322
【背景】
加工食品の健康リスクの評価が必要とされている。フランスNutritional Epidemiology Research Team(EREN)のSrourらは、同国French NutriNet-Sante cohort(年齢中央値42.8歳、104,980名)の3,300食事パターンを調べた24時間食事摂取2週間記録データを解析した。関連を検討された癌種は、乳がん・前立腺がん・大腸がんである。
【結論】
多因子調整後、超加工食品の摂取は全がん(超加工食品比率10%増でHR:1.12増)・乳がん(同1.11)発症リスクと有意に関連していた。この結果は、食事の栄養バランス(脂質・ナトリウム・炭水化物・西洋食)による調整後も不変だった。
【評価】
予想されえた結果だが、欧米メディアで反響を呼んでいる。著者らは「アラーミストではありたくない。更なる検証を望む」と、またBMJ Editorialは「興味深い結果だが、公共政策決定にインパクトを与えるためにはさらなる検証が必要」としている。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site