海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

遺伝子要因のBMIへのインパクトを長期縦断解析
Longitudinal Analysis of Genetic Susceptibility and BMI Throughout Adult Life [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:Diabetes
年月:February 2018
巻:67
開始ページ:248
【背景】
BMIに対する遺伝子要因の長期影響の問題は重要であり、定量的アプローチが待たれていた。Harvard Medical SchoolのSongらは、ヨーロッパ系女性9,971名・男性6,405名の遺伝子データから97のBMI関連バリアントからなる遺伝子リスクスコアGRSを構築し、女性は18歳、男性は21歳から85歳までの長期縦断BMIデータとの関連を解析した。
【結論】
GRSはすべての生涯時期でBMIと正に関連し、関連度は女性が強かった。この関連は青年期から中年期にかけて強くなり、男性では45歳、女性では60歳でピークに達した(各、0.91および1.35 kg/m2 per 10-allele increment)。そして、この関連は高齢期では弱まった。女性ではGRSの10アレル増ごとに青年期でBMIが0.54増える一方、中年期以後関連は統計的に有意でなくなり、男性では関連はみられたもののどの時期でも統計的には有意でなかった。
【評価】
この領域をけん引しているHarvardグループによる最新研究で、GRSは5年前の32ローカス版から3倍増している。高信頼度結果から年齢・性差の影響があぶりだされてきており、他人種での結果も期待される。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site