海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

DPP4阻害剤は糖尿病性潰瘍の治療薬となりうるか
DPP-4 Inhibitors Improve Diabetic Wound Healing via Direct and Indirect Promotion of Epithelial-Mesenchymal Transition and Reduction of Scarring [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:Diabetes
年月:December 2017
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
「血糖降下薬DPP-4阻害薬(DPP-4i)が、血糖コントロールと無関係に糖尿病性潰瘍の治癒を促進する」という報告がなされた。中国Third Military Medical UniversityのLongらによる、前臨床・臨床両レベルにおける研究である。
【結論】
DPP-4iは、in vitroおよび糖尿病マウスモデルにおいて直接的・間接的にケラチノサイトの分化・EMTを促進し、またコラーゲン産生を抑えることで瘢痕形成を抑制した。更に、糖尿病患者67名を対象とするRCTにより、同薬が糖尿病性潰瘍の治癒を促進することを確認した。
【評価】
DPP-4iは心不全が問題にされたことがあるが、他方、脳保護作用・骨代謝改善等膵外効果の報告も多い。これは新規の膵外効果の報告だが、最終的には血糖降下薬の効果は長期の全身的健康有益性で評価されることになる。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site