海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

「ビッグルーザーコンテスト」ウィナーのその後
Increased Physical Activity Associated with Less Weight Regain Six Years After “The Biggest Loser” Competition [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:Obesity
年月:November 2017
巻:25
開始ページ:1838
【背景】
アメリカの減量コンテスト“The Biggest Loser”参加者の体重低下や維持に貢献した最も大きな要因とは何か。National Institute of Diabetes and Digestive and Kidney DiseasesのHallらは、コンテスト6年後の参加者の身体組成・安静時エネルギー消費量・エネルギー摂取量(EI)・身体活動量(PA)を測定し、体重維持者とリバウンド者の差異を検討した(n=14)。
【結論】
6年後での参加者平均体重低下は13%だった。リバウンド者と比べて更なる減量の達成者、また維持者は、PA量が160%増加していた(リバウンド者は34%)。リバウンドはPA量の絶対変化と逆相関した(EI変化とは関連なし)。
【評価】
アメリカの人気テレビ番組で、Biggest Loserは$5,000もらえる(http://wellness.atlanticpkg.com/biggestloser/)。減量にはエネルギー摂取を控えるのがよいが、体重維持には運動が要る、というメッセージを伝えた。 「肥満は一生かけてなおすべき<慢性代謝疾患>」「努力より手術が効く」といったコメントがメディアをにぎわしている(http://edition.cnn.com/2017/11/03/health/biggest-loser-diet-exercise-study/index.html)。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site