海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

トランス脂肪酸と不安定プラークの関連をOCTで実証
The impact of serum trans fatty acids concentration on plaque vulnerability in patients with coronary artery disease: Assessment via optical coherence tomography [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:Atherosclerosis
年月:October 2017
巻:265
開始ページ:312
【背景】
トランス脂肪酸(TFA)は、動脈硬化性心血管疾患(ASCVD)にどの程度直接的な関連をもつのか。日本Kobe UniversityのNagasawaらは、161名のPCI予定患者を対象としてOCT検査を行い、血清TFAレベルと不安定プラーク(TCFA)の関連を検討した(n=161)。
【結論】
観察部位190中に49のTCFAがあった。少なくとも一つTCFAの患者は、TCFAのない患者に比べ、エライジン酸(12.9 vs. 10.3 μmol/L)・中性脂肪・コレステロールレムナント含量が高かった。血中エライジン酸値はTCFAリスクを独立に予測し、lipid indexとの間に正の相関があった。
【評価】
OCTを用いた先駆的研究により、TFAがASCVDの独立の予測因子であるという仮説を生成した。 著者らのグループは、TFAのASCVD促進の分子機構、特にTLRを介してNADPH oxidaseを活性化する現象にフォーカスしている、という。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site