海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

「血糖降下薬をPDに」:エキセナチド仮説を検証
Exenatide once weekly versus placebo in Parkinson's disease: a randomised, double-blind, placebo-controlled trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:The Lancet
年月:October 2017
巻:390
開始ページ:1664
【背景】
エキセナチド(GLP-1受容体アゴニスト)がパーキンソン病(PD)に有効であることを示唆する前臨床データがある。イギリスUniversity College LondonのAthaudaらは、62名の患者を対象としてこの仮説を検証するRCTを行った(対照:placebo)。
【結論】
エキセナチドの一次アウトカム効果を確認した(MDS-UPDRSpart3スコアの改善:+1.0ポイント vs. -2.1ポイント)。二次アウトカムに差はなかった。注射部位反応や消化器症状が両群で生じた。介入群で6例、対照群で2例の重篤有害事象(試験と無関係とみられる)が発生した。
【評価】
「DM薬がPDに効く」ということで広くメディアに取り上げられているが、GLP-1受容体アゴニストはアポトーシス等多様なシグナリングに関与することが明らかになっており(http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1359644616300010)、多彩な効果がありえる。 ここでの結果は高インパクトだが未だ対象集団が小さく、直ちに大規模検証が行われるものとみられる。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site