海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

PUREに示す:果物・野菜・豆はグローバルな健康食
Fruit, vegetable, and legume intake, and cardiovascular disease and deaths in 18 countries (PURE): a prospective cohort study [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:The Lancet
年月:August 2017
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
果物・野菜・豆類の摂取の健康効果は常識化しているが、多様な地域の集団でこれを確認するグローバル研究はなお必要である。カナダMcMaster UniversityのMillerら(PURE)は、南北アメリカ・ヨーロッパ・中東・南アジア・中国・東南アジアの住民を対象とする国際前向コホート研究を行った(n=135,335)。
【結論】
調査期間は2003/1/1〜2013/3/31、最終データは2017/3/31時点であり、果物・野菜・豆類摂取平均は1日当たり3.91単位(serving)であった。追跡期間中央値7.4年で、多因子調整後、主要心血管疾患(aHR:0.90)・心筋梗塞(0.99)・脳卒中(0.92)・心血管疾患因死亡(0.73)・非心血管疾患因死亡(0.84)・全原因死亡(0.81)に対する果物・野菜・豆類のリスク低減効果を確認した。果物摂取は心血管疾患因死亡・非心血管疾患因死亡・全原因死亡のリスク低下と、豆類摂取は非心血管疾患因死亡・全原因死亡のリスク上昇と、野菜摂取は、生野菜の場合全原因死亡リスクの大幅低下と関連したが、加工野菜では全原因死亡リスク低下とわずかに関連していた。
【評価】
広汎に研究されている主題で、80万人以上をカバーするメタアナリシスもあるが(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25073782)、今までなかった途上国のデータまで含め、初めてのグローバル研究結果を提示した。大枠の結論は従前と変わらないが、ニュアンスの違う部分もある。同研究は、ファット/カーボ問題にフォーカスした結果も発表しており、「ハイファットよりハイカーボの方がよくない」ことを示唆している(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28864332)。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site