海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

犬の散歩をする高齢者は悪天候下でも活動量が低下しない
Dog ownership supports the maintenance of physical activity during poor weather in older English adults: cross-sectional results from the EPIC Norfolk cohort [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:Journal of Epidemiology and Community Health
年月:July 2017
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
犬の散歩によって身体活動量は増えるが、悪天候下でも活動量は維持されるか。英University of ExeterのWuらは、EPIC Norfolkコホートデータを用いて高齢者の7日間の日常身体活動量と座位時間を測定し、3タイプの環境要因(日照時間・降水量・最高気温)とのマッチングを行い、犬の所有が悪天候下でも高齢者の身体活動量増加と関連するのかを検討する横断研究を行った(n=3,123)。
【結論】
18%が犬を家庭で飼っており、その内2/3の飼い主が最低1回/日犬を散歩に連れ出していた。天候が最良である日の犬非保有者と比べて、標準的な犬を散歩させる飼い主は最悪の天候下でも活動量は多く、座位時間が少なかった。最悪天候下でも犬の散歩を行っていた人は、犬を飼っていない人よりも20%活動量が多く、30分/日座位時間が少なかった。
【評価】
先行研究(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21832291)を裏付ける結果だが、良い天気での犬非飼育者と最悪天候下での散歩者を比べた、というのは初めてであろう。著者らは、英国東部は他の英地域と比べて天気がよく、違う地域では違う結論が出る可能性もある、としている。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site