海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

セリアック病でない人がグルテンフリーにするメリットは
Long term gluten consumption in adults without celiac disease and risk of coronary heart disease: prospective cohort study [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:British Medical Journal
年月:May 2017
巻:357
開始ページ:j1892
【背景】
欧米ではセリアック病の注目度が高く、グルテンフリー食が推奨されるが、セリアック病患者以外の人にメリットはあるのか。Harvard Medical SchoolのChanらは、Nurses Health Study・Health Professionals Follow-up Study参加者データを基に, 長期グルテン摂取と冠動脈疾患(CAD)との関係を解析した(女性:n=64,714、男性:n=45,303)。
【結論】
長期のグルテン含有食摂取とCADリスクの間には関連はなく、逆に精白粉使用に対する調整後には、グルテン含有食摂取はCADリスク減と関連した(HR:0.85)。
【評価】
特に欧米で重要な食事問題に関し、全粒穀を推奨する明快な指針を与えた。ただし、セリアック病患者の場合にはグルテンフリー食でCADリスクが減ることが報告されており(http://circ.ahajournals.org/content/123/5/483)、関係は単純ではない。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site