海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

大気汚染・騒音の高血圧リスク
Long-term exposure to ambient air pollution and traffic noise and incident hypertension in seven cohorts of the European study of cohorts for air pollution effects (ESCAPE) [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:European Heart Journal
年月:April 2017
巻:38
開始ページ:983
【背景】
EUで、大気汚染・騒音の健康リスクに関する大規模研究が行われている。ドイツHeinrich-Heine-University of DusseldorfのFuksらは、EUの大気汚染研究7コホート(ESCAPE)中の、ベーススライン正常血圧者41,072名を対象として、住居付近の粒子状汚染物質濃度・騒音レベルと高血圧発生との長期関連を検討した。
【結論】
5〜9年の調査期間中15.1%の参加者に高血圧が発生し、自己申告による高血圧はPM2.5濃度(RR:1.22)・PM2.5吸収度(RR:1.13)と関連したが、測定時高血圧との明確な関連は確認できなかった。道路騒音は弱く自己申告高血圧と関連した。
【評価】
アメリカでの6万名の女性に関する心血管イベントリスク調査結果とよく似ており(http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa054409)、大気汚染は軽度肥満と同等の心血管リスクとされうる。騒音の心血管リスクに関しては、EUで更なる研究が行われている(https://academic.oup.com/eurheartj/article/doi/10.1093/eurheartj/ehx081/3002006/Effects-of-noise-on-vascular-function-oxidative)。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site