海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

センサーベースCGMシステムは小児にも使える
An alternative sensor-based method for glucose monitoring in children and young people with diabetes [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:Archives of Disease in Childhood
年月:June 2017
巻:102
開始ページ:543
【背景】
小児DM患者に対するセンサーベース血糖モニターシステムは有益か。英Oxford Children's HospitalのEdgeらは、89名の小児T1D患者に対するFreeStyle Libre Flash Glucose Monitoring System(Abbott)の精度・安全性・快適性を指穿刺法と比較した(n=89)。
【結論】
同システムは、年齢・体重・性別に影響されず正確であった。低血糖は2.2 hours/day、高血糖は9.5 hours/dayであった。快適性も問題なかった。
【評価】
同システムの小児適応の最初の確認である。日本では2016年12月から保険適応となった。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site