海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

軽度AD患者は適量飲酒で死亡率低下
Alcohol consumption and mortality in patients with mild Alzheimer's disease: a prospective cohort study [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:BMJ Open
年月:December 2015
巻:5
開始ページ:e007851
【背景】
適量の飲酒はアルツハイマー(AD)発症リスクを低減するという報告があるが、死亡率との関連は不明である。デンマークUniversity of CopenhagenのBerntsenらは、Danish Alzheimer's Intervention Study(DAISY)データのpost hoc解析により、軽度(ミニメンタルスケール検査≧20)AD診断を受けた患者の飲酒量と死亡率の関連を検討した(n=321)。
【結論】
患者の飲酒量は少量(1〜<1 unit/日)よりも適量(2-3 units/日)の方が死亡率が有意に低下した(HR:0.23)。しかし少量(1〜<1 unit/日)と禁酒、また3 unit/日以上と比較した場合、有意差はなかった。
【評価】
飲酒は過量でない限り老人の認知機能には有益である、という見方(http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21857787?dopt=Abstract)には一定のエビデンスベースがある。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site