海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

レプチンの味覚細胞レベル作用を同定
Leptin Suppresses Mouse Taste Cell Responses to Sweet Compounds [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:Diabetes
年月:November 2015
巻:64
開始ページ:3751
【背景】
レプチンは甘味化合物への神経・行動反応を選択的に抑制するが、その作用の分子機構の全容は未だ不明である。日本Kyushu UniversityのNinomiyaらは、マウスレベル実験により、味覚受容細胞へのレプチン作用を検討した。
【結論】
レプチンが、味覚受容体コンポーネントT1R3発現味覚細胞上のleptin receptors(Ob-Rb)に結合し、ATP gated K+(KATP)チャンネルへの作用を介して、同細胞の甘味化合物への反応を選択的に抑制する可能性が示唆された。
【評価】
レプチンは現在まで中枢作用が注目・研究されてきており、末梢受容体への作用の明確な同定は初めてである。糖摂取行動におけるレプチンの機能研究に新分野を開いた。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site