海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

T1Dと腸microbiomeの関連を次世代シーケンシング解析
Alterations in Intestinal Microbiota Correlate With Susceptibility to Type 1 Diabetes [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:Diabetes
年月:October 2015
巻:64
開始ページ:3510
【背景】
DMと腸microbiomeの関連が注目されている。University of Colorado DenverのZiprisらは、膵島自己抗体保有(islet autoimmunity)患者を対象として、細菌16S rRNA遺伝子のhigh-throughput sequencingにより、腸内microbiotaの差異がT1Dと関連するかどうかを検討した。
【結論】
自己抗体陽性患者の腸microbiomeは、自己抗体陰性の第一等近親者(FDR)と4taxaの豊富さで異なっていた。また自己抗体陽性患者・陰性FDR・初発患者はFirmicutes genera乳酸菌・ブドウ球菌レベルが健常者と異なっていた。更に、複数自己抗体保持者と単一自己抗体保持者との差異も確認した。
【評価】
流行研究であり、この発端からさらなる展開が期待される。Fecal Microbiota Transplantation(FMT)によるDM治療という可能性も垣間見せる。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site