海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

T1D患者の肥満とDKDの関連に遺伝子的基礎
Genetic Evidence for a Causal Role of Obesity in Diabetic Kidney Disease [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:Diabetes
年月:December 2015
巻:64
開始ページ:4238
【背景】
肥満は糖尿病性腎症(DKD)の独立リスクファクターだが、この関連が遺伝子的・因果的であるかどうかは不明である。Massachusetts General HospitalのFlorezらは、6,049名のT1D患者を対象として、Mendelian randomization法による32BMI関連遺伝子の加重遺伝子リスクスコア(GRS)とマクロアルブミン尿・末期腎疾患 (ESRD)・DKDの関連解析を行い、横断・縦向観察研究結果と照合した。
【結論】
縦向解析により時間経過に伴うBMIとマクロアルブミン尿・ESRD・DKDのU字型相関が示された一方、横断解析によりBMIと全DKD・マクロアルブミン尿高オッズ・ESRD低オッズとの関連が否定された。Mendelian randomization解析では、BMI 1kg/m^2毎増はマクロアルブミン尿(OR:1.28)・ESRD(OR:1.43)・DKD(OR:1.33)のリスク増と関連した。
【評価】
T1D患者では肥満とDKDの関連が遺伝子的であることを確立したユニークな研究である。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site