海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

尿酸値とT2Dリスクに関係はあるのか
A Mendelian Randomization Study of Circulating Uric Acid and Type 2 Diabetes [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:Diabetes
年月:August 2015
巻:64
開始ページ:3028
【背景】
T2Dと血中尿酸レベルの関連研究には不一致がある。オランダUniversity Medical Center UtrechtのSluijsらは、尿酸レベルとT2Dリスクの因果関係を検証するため、European Prospective Investigation into Cancer and Nutrition (EPIC)-InterAct case-cohort studyデータと24の尿酸関連lociの遺伝子スコアを用いてMendelian無作為試験を行った(n=24,265)。
【結論】
遺伝子スコアを用いて非交絡因子効果を算出すると、尿酸レベルとDMに因果関係はなかった(HR:1.01)。拡大解析でも同様だった。
【評価】
同じグループは2013に逆の結論を提示しており(http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23173177)、方法論の精緻化によって自らの結果を訂正した。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site