海外ジャーナルレビュー : 「救急医療」

ECMOからの離脱の可否をプロトコル評価する
Safety and Feasibility of a Protocolized Daily Assessment of Readiness for Liberation From Venovenous Extracorporeal Membrane Oxygenation [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:救急医療
ジャーナル名:Chest
年月:November 2021
巻:160
開始ページ:1693
【背景】
体外式膜型人工肺(ECMO)に対する注目はかつてなく高まっているが、ECMOからの離脱戦略についてエビデンスが十分でない。Vanderbilt University のGannonらは、2020年6月20日〜11月24日に単施設4ICUでVV-ECMOを受けた連続成人患者を対象として、ECMO離脱が可能かを評価する三段階(安全性スクリーニング、人工呼吸器・鼻カニューラのFiO2 titration、ECMOフリー試験)のデイリー評価プロトコルの安全性・実現可能性を評価した。
【結論】
26名の患者が385日のECMO離脱プロトコルを受けた。第一段階の安全性スクリーニングは、20名が計59回(15.3%)でパスし、全員がECMOフリー試験へと進んだ。ECMOフリー試験は16名が28回でパスし、14名がECMOから離脱した。試験をパスしてからECMO離脱までの期間の中央値は2日であった。
【評価】
このテーマでの前向研究はこれまでなかったが、プロトコル化されたECMO離脱評価が安全に実施可能であることを確認した。併載論文は安全なECMO離脱の予測因子を検討している(https://doi.org/10.1016/j.chest.2021.05.068)。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(救急医療)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Lancet、Critical Care Medicine (Crit Care Med)、The New England Journal of Medicine (NEJM)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site