海外ジャーナルレビュー : 「救急医療」

軽症頭部外傷後の患者では軽度の運動が許容される:ランダム化比較試験
A randomized trial comparing prescribed light exercise to standard management for emergency department patients with acute mild traumatic brain injury [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:救急医療
ジャーナル名:Academic Emergency Medicine
年月:May 2021
巻:28
開始ページ:493
【背景】
伝統的に、軽度外傷性脳損傷(mTBI)患者では症状が治るまで安静を維持することが推奨されてきたが、近年の研究はこうした安静第一の教義を疑問に付している。カナダSinai HealthのVarnerらは、48時間以内にmTBI受傷した救急外来の連続患者に対し、1日30分の軽い運動(介入群)または症状が治まったあと、徐々に運動を再開する指導(対照群)を行い、30日時点での脳震盪後症候群(Rivermead Post-concussion Symptoms Questionnaireで3つ以上の症状)を評価するランダム化比較試験を実施した(n=367)。
【結論】
患者の年齢は中央値32歳、57.6%が女性であった。30日PCS率は介入群14.6%、対照群13.4%で有意差はなかった。RPQスコア変化の中央値、再受診回数、欠席・欠勤日数、予定しない救急再受診にも差はなかった。
【評価】
近年のデータは、mTBI後の運動が脳の回復にポジティブな影響を与えることを示唆しており、2016年の脳震盪に関するベルリン声明も、受傷後24〜48時間の身体的・認知的休息の後は絶対の安静を必要としないとしている(http://doi.org/10.1136/bjsports-2017-097699)。本RCTでは介入群と対照群のPCSに差はなく、脳震盪後症状を誘発しない程度の運動は許容されべきと考えられる。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(救急医療)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Lancet、Critical Care Medicine (Crit Care Med)、The New England Journal of Medicine (NEJM)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site