海外ジャーナルレビュー : 「救急医療」

Time-Limited Trialで無益な治療を減らせるか
Evaluation of Time-Limited Trials Among Critically Ill Patients With Advanced Medical Illnesses and Reduction of Nonbeneficial ICU Treatments [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:救急医療
ジャーナル名:JAMA Internal Medicine
年月:April 2021
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
Time-limited trial(TLT)は、予後が不透明で患者・家族の治療目標が不明瞭な重症患者において、積極的治療が意義をもつのかを判断するため期限を定めて治療の効果を測るものである。David Geffen School of Medicine at UCLAのChangらは、カリフォルニア州3施設の内科ICUにおける前向品質改善研究を行い、進行した内科的疾患を有する重症患者(n=209)でデフォルトケアプランとしてTLTを利用することが無益なICUケアの期間・強度を抑制するか検証した。
【結論】
形式に則った家族の話し合いは介入前期間の60.2%、介入期間には95.8%まで増加した。話し合いにおける重要な構成要素では、ICU治療のリスク・ベネフィットについての議論(34.9% vs. 94.9%)、患者の価値観・選好についての聞き取り(46.5% vs. 98.3%)、病状改善の臨床マーカーについての確認(20.9% vs. 88.1%)のいずれも介入期間に増加した。介入期間には、患者のICU滞在期間が8.7日から7.4日へ有意に短縮し、院内死亡率に変化はなかった(58.4% vs. 58.3%)。人工呼吸器など侵襲的処置は有意に減少した(85.8% vs. 72.9%)。
【評価】
TLTは、家族・代理意思決定者と医療者に、治療の意義と患者にとってのゴールを明確化する機会をもたらし、結果としてICU治療の傾向も変化させた。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(救急医療)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Lancet、Critical Care Medicine (Crit Care Med)、The New England Journal of Medicine (NEJM)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site