海外ジャーナルレビュー : 「救急医療」

ICUの持続性低血圧でのミドドリンは昇圧剤期間を短縮しない:MIDAS試験
Effect of midodrine versus placebo on time to vasopressor discontinuation in patients with persistent hypotension in the intensive care unit (MIDAS): an international randomised clinical trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:救急医療
ジャーナル名:Intensive Care Medicine
年月:October 2020
巻:46
開始ページ:1884
【背景】
ICU患者では、昇圧剤を要する持続的な低血圧が一般的である。Beth Israel Deaconess Medical CenterのSanterらは、アメリカ・オーストラリアの3施設のICUで、24時間以上の昇圧剤静注を要する持続性低血圧患者に対し、経口ミドドリンまたはプラセボを投与する多施設ランダム化比較試験を実施した(n=136)。
【結論】
昇圧剤静注の中止までの時間は、ミドドリン群23.5時間、プラセボ群22.5時間で差はなかった。二次エンドポイントにも差は見られず、ミドドリン群の7.6%で徐脈が発生した。
【評価】
ミドドリンはIV昇圧剤からの離脱を早めなかった。大半が術後患者で、その他の患者集団での効果は不明であるが、現時点では推奨されないだろう。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(救急医療)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Lancet、Critical Care Medicine (Crit Care Med)、The New England Journal of Medicine (NEJM)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site