海外ジャーナルレビュー : 「救急医療」

救急の急性蕁麻疹にセチリジン注射薬:第3相RCT
Intravenous Cetirizine Versus Intravenous Diphenhydramine for the Treatment of Acute Urticaria: A Phase III Randomized Controlled Noninferiority Trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:救急医療
ジャーナル名:Annals of Emergency Medicine
年月:October 2020
巻:76
開始ページ:489
【背景】
抗ヒスタミン薬は急性蕁麻疹に一般的に用いられるが、第一世代のジフェンヒドラミンには眠気の副作用が知られている。University of PennsylvaniaのAbellaらは、抗ヒスタミン薬の静注を必要とする救急の急性蕁麻疹患者に、セチリジンまたはジフェンヒドラミンを割り付ける第3相ランダム化非劣性試験を実施した(n=262)。
【結論】
投与後2時間の掻痒スコアの変化は、セチリジン群−1.6、ジフェンヒドラミン群−1.5であり、セチリジンの非劣性が示された。治療施設の滞在時間(1.7時間 vs. 2.1時間)、再受診(5.5% vs. 14.1%)、2時間の鎮静スコア変化(0.1 vs. 0.5)、有害事象発生率(3.9% vs. 13.3%)の各アウトカムもセチリジン群で優った。
【評価】
経口では第二世代抗ヒ薬が広範に採用されているが、非経口レジメンには選択肢が少なかった。このRCTは、第二世代初の注射用セチリジンが、第一世代の安全かつ有効な代替オプションとなりうることを実証した。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(救急医療)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Lancet、Critical Care Medicine (Crit Care Med)、The New England Journal of Medicine (NEJM)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site